ホーム  >  商工会の紹介

商工会の紹介

 商工会とは

熊野町商工会外観   商工会とは,「商工会法」に基づいて,主として町村における商工業の総合的改善発達を図るとともに,社会一般の福祉の増進に資することを目的として,地域の商工業者が県知事の認可を受けて設立されている法人です。
商工会は,全国の市町村に約1,900が設立されており,商工業者の経営支援や地域の活性化を図る様々な活動を行っています。
事業の大きな柱は,地域振興と経営改善普及事業の2つです。




 経営改善普及事業とは

   小規模企業の経営や技術の改善発達を図るための取り組んでいる様々な事業のことです。経済産業大臣の定める資格を持つ経営指導員などが,金融・税務・経営・労務などの相談や指導に従事するとともに,商店街の近代化やむらおこし事業など,地域の活性化のために様々な取り組みを行っております。
   この事業には,国と都道府県の補助金が交付されており,秘密厳守,原則無料にて相談指導にあたっていますので,安心してご相談ください。



 地域総合振興事業とは

   地域の「総合経済団体」また中小企業の「指導団体」として,豊かな地域づくりと商工業の振興のために,様々な地域振興事業に取り組むことです。 「小規模企業」とは,商工会法で定められている商工業者で,常時使用している従業員数が20人(商業又はサービス業に属する事業を主たる事業として営むものについては5人)以下の事業をいいます。

▲このページの先頭へ戻る